ワタリガニの特徴

格段に旨い時期

格段に旨い時期

仮に生きているワタリガニを収穫したという場合には、怪我をしないように注意が必要です。頑丈な上に棘が尖っているので、手袋などを揃えておいた方が無難です。
時々「がざみ」と言われることもある活きの良いワタリガニは泳ぎが達者で、陽気次第で占住地を移動します。水温が低下すると強力な甲羅となり、身の締まっている晩秋から春の季節までがピークだとされている。
食べてみると格段にうまいワタリガニの最高の季節は水温が低落してしまう11月から5月頃までだということです。この時節のメスは一際、甘味が増すので進物として人気があります。
まだ動いているワタリガニを湯がく場合に、その状態で熱湯に入れ込むと、自分自身で脚を切断しバラついてしまう事から、水の状態から煮ていくか、脚を固定してから湯がく方が良いでしょう。
この頃は人気が高まり、通信販売サイトで割安のタラバガニがいろんなお店ですぐに見つかるので、お家で手軽に旬のタラバガニお取寄せすることもできちゃいます。

ヤドカリと同種のタラバガニは、味噌が入っている部位は食べられるものとなっていません。体調が悪くなってしまう成分があったり微生物が増殖している節も有り得るので見極める事が大切でしょう。
毛ガニであれば北海道しかありません。水揚されたものを直送してくれる鮮度のいい毛ガニを通信販売で買ってほおばるのが冬の季節楽しみにしていると思っている人も大勢いるのは事実ではないでしょうか。
足が特徴のワタリガニはカニ下目の内のワタリガニ科に属するカニの総じた名前で、日本においては食べる事が出来るガザミやたくさんの歯が生えているタイワンガザミに代表される日本でもよく捕れるガザミ属を指し示す名前となっていると聞いています。
貴方たちはたまに「本タラバ」と言われる名前を耳にする事があると思うが、寒い冬におすすめの「本タラバ」は「本物のタラバガニ」という証から「本タラバ」と定義されているそうだ。
解体されていない新鮮な花咲ガニが自宅に送られたとしたら、さばくときカニに触れて指などを切ってしまうようなことも度々あるので、厚手の手袋などを装着したほうが怪我の予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です